広報・アウトリーチ活動

人材育成

 製薬コンソーシアム、大学、研究機関での創薬ビッグデータ統合システムを活用できる人材育成とシステムの利用促進のため、講義などの人材育成プログラムや、講習会を実施します。さらにアカデミア創薬や医療機関との連携を図ることで製薬産業界を盛り上げるオープンイノベーションへと発展させていきます。
 また、若い研究者として将来的な参画を図ることを目的とし高校生などを対象に講義やアウトリーチ活動を行っていきます。

計算生命科学の基礎(連続講座)

生命科学と理工学の接点をなす計算生命科学の研究を進めていくための基礎講座として神戸大学計算科学教育センターと連携し、学生、大学院生、社会人を対象とした連続講座(事前登録制)を公開しています。


■『計算生命科学の基礎Ⅴ(2018年度)』の講義日程が決まりました。(7月上旬に受講登録開始予定)
2018/10/3、10/10、10/17、10/24、10/31、11/7、11/14、11/21、11/28、12/5、12/12、12/19、2019/1/9、1/16、1/23 (全15回)、毎週水曜日17:00~18:30
2018年度の受講登録は神戸大学計算科学教育センターのホームページでお知らせします。

大学ICT推進協議会2017年度年次大会 (AXIES2017) (2017/12/14 広島国際会議場)で「神戸から配信する遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎」」講演を行いました。

■『遠隔インタラクティブ講義 計算生命科学の基礎』の2014年度~2016年度、3年間の実施活動内容と聴講者のアンケートを取りまとめた開催報告書が完成しましたので、ぜひご覧ください。

「遠隔インタラクティブ講義 計算生命科学の基礎 2014年度・2015年度・2016年度」開催報告書 (PDF 11.8MB)


 講義名  日程  場所  講義内容
計算生命科学の基礎 Ⅴ
2018/10/03~ 2019/01/23
毎週水曜17:00~18:30
神戸大学計算科学教育センター
セミナー室208
(神戸大学統合研究拠点2階)
詳細は決定次第お知らせします
計算生命科学の基礎 Ⅳ
2017/10/04~ 2018/01/24
毎週水曜17:00~18:30
神戸大学計算科学教育センター
セミナー室208
(神戸大学統合研究拠点2階)
詳細はこちら
アーカイブは
こちら
計算生命科学の基礎 Ⅳ
特別編「生命科学のためのディープラーニングチュートリアル」       
2017/09/19
火曜日10:30~17:00
神戸大学計算科学教育センター
セミナー室208
(神戸大学統合研究拠点2階)
詳細はこちら
計算生命科学の基礎 Ⅲ
2016/10/04~ 2017/01/24
毎週火曜17:00~18:30
神戸大学計算科学教育センター
セミナー室208
(神戸大学統合研究拠点2階)
詳細はこちら
アーカイブは
こちら
計算生命科学の基礎 Ⅱ
2015/10/7~ 2016/02/03
毎週水曜17:00~18:30
神戸大学工学部学舎1階
C3-101(創造工学スタジオ2)
詳細はこちら
アーカイブは
こちら
計算生命科学の基礎 Ⅰ
2014/10/07~ 2015/02/03
毎週火曜17:00~18:30
神戸大学工学部学舎1階
C3-101(創造工学スタジオ2)
詳細はこちら

「計算生命科学の基礎Ⅰ」、「計算生命科学の基礎Ⅱ」はHPCI戦略プログラム 分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」(2011年4月~2015年3月)の計算科学技術推進体制の構築のために実施した人材育成プログラムです。


「情報計算科学セミナー」人材育成プログラムシリーズ


2018年度 情報計算科学セミナー
シミュレーションは実験、理論と並ぶ科学的な手法として重要な役割を果たし、データ科学やBig Dataと密接に結びついて、その役割が大きく期待されています。 本セミナーでは医療・創薬・看護の分野における情報計算科学の研究事例や応用について、第一線の研究者 がリレー形式でわかりやすく講義します。
  (730KB)

【開催日程】
2018/5/24、6/21、7/26、8/30、9/27、10/25、11/29、12/20、2019/1/24、2/21、3/28(毎回木曜日)
開催時間は回によって異なります。

【講義スケジュール】
■5/24 13:00~16:00 (メイン会場:京都)
医療保険のしくみ・財政とシミュレーション
木村 真(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科)

■6/21 15:00~18:00 (メイン会場:姫路)
病院でのストレスを軽減するためには
上浦 尚武(兵庫県立大学大学院工学研究科知能数理計算科学研究グループ)

■7/26 15:00~18:00 (メイン会場:姫路)
画像認識技術と医療への応用
森本 雅和(兵庫県立大学工学研究科先端医工学研究センター)

■8/30 15:00~18:00 (メイン会場:姫路)
看護の質評価とAI
新居 学(兵庫県立大学大学院工学研究科データサイエンス研究グループ)

■9/27 15:00~18:00 (メイン会場:姫路)
コンピュータ医用画像処理システムの基礎と応用
小橋 昌司(兵庫県立大学大学院工学研究科画像通信研究グループ)

■10/25 13:00~16:00 (メイン会場:大阪)
精神状態を評価するための脳機能解析
水野(松本)由子(兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科)

■11/29 15:00~18:00 (メイン会場:神戸)
超音波の医療-その基礎と応用-
畑 豊(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科)

■12/20 13:00~16:00 (メイン会場:姫路)
MEMSセンサの人体計測応用
藤田 孝之(兵庫県立大学大学院工学研究科MEMS応用研究グループ)

■1/24 15:00~18:00 (メイン会場:京都)
Precision Medicineと医療ビッグデータ解析
中津井 雅彦/鎌田真由美(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)

■2/21 15:00~18:00 (メイン会場:神戸)
生命現象の科学とそのシミュレーション
徳久 淳師/金田 亮(理化学研究所科技ハブ産連本部健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム)

■3/28 15:00~18:00 (メイン会場:神戸)
創薬シミュレーション
神谷 成敏(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科)

【申込】
※参加者募集は、各開催日の1ヵ月ほど前から開始します。
※お申込みは、氏名・ご所属・E-mailアドレス・参加会場をご記入のうえ、メール(kobe-rc-info@riken.jp)にてお手続きください。

【会場】
月ごとにメイン会場が変わり、他の3会場へはTVシステムで中継します。
・姫路
兵庫県立大学先端医工学研究セvンター 姫路駅サテライトラボ
〒670-0913 姫路市西駅前町73 姫路ターミナルスクエア4F

・神戸
健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス 三宮拠点「iKAfEあいかふぇ」
〒651-0096 神戸市中央区雲井通 5-3-1 サンパル7F

・大阪
都市活力研究所
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワー C 7階

・京都
京都大学先端医療機器開発・臨床研究センター502号室
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部附属病院先端医療機器開発・臨床研究センター

【参加費】
無料

【問合せ先】
理化学研究所 リサーチコンプレックス戦略室 担当:神吉(かんき)
E-mail:kobe-rc-info@riken.jp、TEL:078-569-8852

【企画開催】
理化学研究所 健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム 兵庫県立大学シミュレーション学研究科 / 先端医工学研究センター (AMEC) 京都大学医学研究科 / ポスト 「 京 」 重点課題1 / 都市活力研究所


第3,4回創薬シミュレーションショートコース
【日時】第3回 2016/11/10(木) 15 時~18 時 (締切:11/8)
    第4回 2016/12/08(木) 15 時~18 時(締切:12/6)
【場所】兵庫県立大学 神戸情報キャンパス 5階 502会議室
【講師】神谷 成敏(兵庫県立大学大学院 シミュレーション学研究科 特任教授)
【内容】
 ◆第3回「基礎編」
  創薬シミュレーションとは、標的タンパク質と化合物のドッキング計算を用いたリガ ンドスク リーニングと、標的蛋白質やその薬剤候補化合物複合体の分子動力学シミ ュレーションから成 る薬剤の探索手法です。基礎編では、ドッキング計算や分子動 力学シミュレーションの基礎を 解りやすく講義します。 また、様々なドッキングプ ログラムで行った複合体予測結果をデモンストレーションします。

 ◆第4回「応用編」
  ドッキング計算による薬剤のスクリーニング法について、癌関連タンパク質のリガンドスクリ ーニング結果を交えて解説します。リガンドスクリーニングから得られた複合体のアフィニテ ィを高精度で計算可能な分子動力学シミュレーション手法を紹介します。また、近年、癌やア ルツハイマー病の治療薬として注目されている抗体薬についての計算手法を抗体の立体構造 予測結果や抗原抗体複合体予測結果を示しながら説明します。

【申込】お問合せ、お申し込みはこちらからご確認ください。
【主催】公立大学法人兵庫県立大学、国立研究開発法人理化学研究所、健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム
 
     
TOP